「留守でも安心のペットケア」ペットシッター Mojo Mojoは福岡市内を中心に活動しています。
「ペットシッター」という職業をご存知ですか?

私たちの耳慣れた言葉に 『ベビーシッター』 という仕事があります。
これはご存知のように、家族に代わってお子さんの世話をする仕事で、アメリカでは、高校生のアルバイトから始まり、ベビーシッターを本職とする人もいます。
当然、大切な子供の世話を依頼するのですから、身元の確かな、信頼できるベビーシッターが求められます。プロのベビーシッターを紹介する専門組織の存在がその何よりの証といえるでしょう。

ベビーシッターが人間のお子さんをお世話する仕事に対して、ペットのお世話をする。
これが 『ペットシッター』です。

たとえ相手がペットであってもご家族にとって大切な“存在”であることに変わりはありません。
残念ながら日本でのペットの地位はまだ低く、ペット先進国の欧米に比べると誇れるものでは
ありません。
でも、ペットを取り巻く生活環境の中に、オーナー(飼い主、ご家族)に信頼されるペットシッターの
存在は今後、必要不可欠となっていくことでしょう。

それでは、ペットシッターとはどのような存在であるべきでしょうか。

生活様式の変化と同じように、或いは、それ以上に日本のペット事情は大きく変化してきました。
少子化、核家族化、また、隣人との関わりの減少などがペットとの生活に影響を与えているとも
考えられます。
多様化するペットの存在は、ともすれば人間の自己満足の表れの一つともいわれますが、
オーナーにとっては大切な家族の一員であり、友人であり、かけがえのない存在なのです。

ペットシッターはそんなペットたちをオーナーに代わっていつもと同じお世話をします。

でも、ただ単に食事を与え、水を替え、掃除をするだけなら誰でもできる仕事です。
それぞれのペットたちが置かれた生活空間を良く理解し、愛情を持ってお世話をし、気を配り、
必要であればオーナーに適切なアドバイスができる、ペットにもオーナーにも信頼される
ペットシッターでありたいと思っています。

あなたにその一生をゆだねて、無邪気に、そして無制限に幸福感を与えてくれる動物達に
私たち人間がしてあげられることを少しだけ考えてみませんか?

ペット(愛玩動物)から、コンパニオンアニマルへ。

ペットシッターMojo Mojoは、あなたとペットの暮らしを応援します。

上へ戻る