ペットシッターへの道

ペットシッターへの道 ~気になる収入編~

収入 ペットシッター

ペットシッターでの開業を目指す人が気になることの一つに収入があるのではないかと思います。私が開業を決めた約20年前、いろいろと情報を集めましたが、具体的な情報は皆無でした。

一番気になることの情報がない!今と比べると当時はペットシッターの認知度も低く、本業で活躍されている方の殆どは一部地方都市にもいましたが、大半は関東や関西の大都市のみ。

私はここ福岡でやっていけるのだろうか?とかなり心配し、不安だったことを思い出します。

そこで、このブログを読んでくださる方にはできるだけ具体的にイメージできるよう収入について書いていきたいと思っています。もちろん忘れてならないのは営業努力や情報収集なのですが、これについてもおいおい私が実際にやってうまくいったことと、そうでなかったことを事例をあげながら説明していきます。

当時私が見つけた数少ないの情報の一つに、ニューヨークのドッグウォーカーの記事がありました。

ペットシッターとは仕事内容が微妙に違う上に世界の富が集まる大都市ニューヨークの話ですので、参考にするというよりも、ふわっとした願望をもってこの記事を読んだのです。

ここにはドッグウォーカーの年収は5万ドルと書かれていました。当時のレートで計算すると500万円は超えています。「あー、これくらい稼げたらいいよなぁー」そう思ったことを記憶してます。

結論を書きますね。

物販などをせず、ペットシッター業のみで500万円は稼げます!私の場合はこの年商に到達するのに5年かかりましたが、売上は開業以来年々上がり続け、3年目には会社員の頃の年収を上回っていました。

最近ネットで調べた情報によると、ペットシッターの年収はせいぜい200万円台とあったのですが、フルタイムでやればその倍は稼げるということです。これは私に限ったことではなく、たまたま同年に開業したシッター仲間もそれくらいは稼いでいると言っていました。

ちなみに下記は直近の日本人の平均年収です。

https://clabel.me/incomes/24345 CLABEL 人生の攻略サイトより

いかがでしょう?希望を持てましたでしょうか?

今はコロナ禍ですので様々な制限があって思うように活動できないかもしれませんが、いずれこの騒動も落ち着きます。落ち着くというより私達がうまく環境に適応していくでしょう。人間とはそういうものですから。

今、お勤めや他のアルバイト、パート、派遣をやっている方はこのタイミングが準備時ともいえますね。実際、私も準備には半年以上かけました。

開業するからにはやはりそれなりの収入を得たい。これが本音ですよね。収入は大きなモチベーションにもなりますし、好きなことをやっているだけでは人は満たされないものなのです。

このブログがペットシッターになろうと考えている方の何かしらの参考になれば幸いです。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です